iphoneが故障したら修理することになります。そこで、修理する前に考える事と今後故障しないための予防策についてこれからお話していきます。どちらも大事な事ですからしっかりと把握して今後に役立ててくださいね。

iphoneの修理前に考える事

修理か新製品を購入するか選択

確かに今の時代はiPhoneを修理してくれる業者がとても多いです。なので、アップルにお願いしなくても、他の業者にお願いすれば、非常にリーズナブルな値段で済ませられる可能性があります。ただ、損傷具合…

続きを全部読む

修理代金の準備

iPhoneを修理に出す前に確認したいのが、保証などの有無です。端末本体に付いている保証はもちろん、故障時などに利用出来るサービスの有無についても、しっかりと確認することが大切です。iPhoneの…

続きを全部読む

iphoneの修理は正規と非正規店があり特徴が異なる!

iphoneの修理の際、正規店は、iphoneを熟知している人が正規の部品を使用して修理します。非正規店の場合は、修理時間が早くデーターを消さなくて良い(初期化しなくて良い)です。

故障しない予防策

iphoneが故障したら修理に出しますが、なぜ故障したのかを考える必要があります。故障の原因や予防策を考えなければまた修理に出す状況になる可能性があります。今から故障したいための予防策についてお話しますから参考にしてくださいね。

どこで修理するのか

短期間で修理してくれる技術力の確かな業者にお願いしよう

もしiPhoneが壊れてしまった場合は、もちろん修理する必要があるでしょう。問題は、どこで修理してもらうかですが、できるだけ早く修理してくれる業者にお願いした方が無難です。iPhoneが使えない日が一日でも続くと、現代では大いに困ってしまいます。一秒でも早く修理してもらうためにも、技術力が高いという事で有名な業者に目を向ける事が大事だと言えるでしょう。幸いなことに、現代ではiPhoneを修理してくれる、修理専門業者がたくさんいます。適当な業者に声をかけず、実際に実績のある業者をしっかりとピックアップし、その上で声をかける事が大切です。場合によっては、正規店よりも早く修理して、渡してくれるでしょう。

価格にも注目したいところ

当然ながら、iPhoneを修理するには、それ相応の費用が発生します。どのくらいの費用が発生するのかをしっかりと確かめるために、業者に見積もり金額を出してもらいましょう。予算オーバーにならない様に注意する必要があります。壊れているパーツによって、かかる金額も大きく変動するため、要はコンディション次第です。AppleCareが利用できるならそれが一番ですが、保証が既に残っていないなら、修理代はやはりかかります。ちなみに、AppleCareに加入しなかった場合の基本的なiPhone保証期間は、購入してから一年となっているので注意です。保証期間がまだ残っている人も油断せず、いつでも声をかけられるような、コスパの良い修理業者を、早めに見つけておきましょう。