修理か新製品を購入するか選択

買った方が安い場合もある

確かに今の時代はiPhoneを修理してくれる業者がとても多いです。なので、アップルにお願いしなくても、他の業者にお願いすれば、非常にリーズナブルな値段で済ませられる可能性があります。ただ、損傷具合によっては、それなりに高額な金額になるでしょう。例えば、スクリーンが割れてしまった場合などは、丸ごと交換になります。非常に高額な修理代気になってしまうケースです。そんな時は、新しいものを購入した方が早いこともあるでしょう。iPhoneに関しては、少々前の世代でも、しっかりと動いてくれるという特徴があります。新しいものにそこまでこだわりを持っていないなら、思い切って新しいものを購入してしまうのも、有効的な手段です。

いろいろな中古販売店をチェックする

修理業者に声をかけ、状況を伝えて、修理にはどれくらいの時間とお金がかかるのかを教えてもらいましょう。そのあとで、中古のiPhoneを取り扱っている、中古販売専門店に目を向けることが大切です。値段をしっかりと比較し、購入した方が良いと感じるなら、改めて本体を購入した方が無難だといえます。本体価格の方が後楽になったとしても、修理価格とさほど大差が無いなら、本体を選んだ方が良いでしょう。ただ、今生活でメインとして使っているアプリケーションが、古いタイプのiPhoneでも対応しているかどうか、そこは確認しておきたいところです。先にアプリが使えるかを確認し、対応している本体だけに絞れば、問題なく引継ぎで使えます。バックアップデータを保存しておくことも、忘れないようにしましょう。

iphoneの修理を銀座で行っている業者は、銀座駅から徒歩5分圏内で見つけられます。来店が難しい方のために郵送・出張修理のサービスを提供している業者を探しやすいです。